メルシアラムール効果を最大限に引き出す使い方は?2つの方法を解説

メルシアラムール画像 tsukaikata

 

このサイトはあなたのこんな悩みや疑問にお答えします。

  • いつものスキンケアでは物足りなくなってきた
  • スキンケアにプラスしたいけれどアイテムを選べない
  • ブースターって何?

 

ある日、いつものスキンケアでは「間に合っていない!」と鏡を見て思ったことはありませんか?

それは加齢肌でターンオーバーの低下で肌に活力が無くなっているサインです。

 

えー、じゃあどうすればいいの?

もちろん、年齢に合ったスキンケアは大切ですが、肌に栄養が届く道を作ってあげて浸透させてあげる方が近道ですよ。

それにはブースターや導入液を使ってみることをおすすめします。

なぜなら、ブースターは有効成分を肌の奥まで運ぶサポートをする働きがあるからです。

浸透力が上がったところで美容液でしっかり栄養を与えると完璧。

ではブースターと美容液が一緒になっていたら忙しいときに便利ですよね。

そんなあなたにはメルシアラムールがおすすめです。

メルシアラムールは1本5役のオールインワンですが、なんとブースター効果もある優れものなんです。

でも、それぞれの効果を出す使い方が難しそう。

このサイトでは、メルシアラムールの効果を最大限に引き出す方法を解説していきます。

忙しい女性には必見ですよ。

ぜひ、あなたのエイジングケアの参考にしてくださいね。

 

\コレ1本で年齢肌を再生へ/

メルシアラムール
公式サイトはこちらから

↑初回だけの限定62%OFF↑

 

メルシアラムールの2つの使い方は?効果も検証

 

メルシアラムールはオールインワン美容液です。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム
  • アイクリーム

メルシアラムールはさらにブースター効果が加わる最強美容液です。

注目したい美容液とブースター効果をそれぞれ解説していきます。

ブースターとは

ブースターは「導入美容液」、「ファーストスキンケア」と呼ばれています。

化粧水や乳液の有効成分を肌に浸透しやすくするために、洗顔後最初に肌につけて成分を運ぶ道を作る働きをします。

ブースターはこんな肌サインがあるあなたに必要です。

  • いつものスキンケアではもの足りなくなった
  • 乾燥がひどくなってきた
  • 肌に柔らかさが無くなってきた、ゴワつきが気になる
  • 化粧ノリが悪くなった

 

逆にここまで感じてないあなたはブースターはまだ必要がないようです。

ブースターの効果

 

ブースターにはこんな効果があります。

  • 硬くなって外からの栄養が入りずらい肌を柔らかくして浸透力を高める
  • 基礎化粧の有効成分を肌の奥まで広く届けてくれる

 

加齢でターンオーバーが長くなると古い角質が蓄積されます。

すると肌が硬くなったり、肌表面の隙間から水分が蒸発して乾燥したり肌の老化の原因に。

枯れた大地に水をあげても浸透しないように、加齢で乾いた肌も栄養分を吸収出来なくなっています。

そんな時こそブースター効果を利用して、肌に栄養を運ぶ道を作り奥まで届けましょう。

肌が柔らかくなる効果と吸収力で栄養がドンドン肌の奥に入るので、美肌成分の効果がしっかり発揮されますよ。

美容液とは

美容液は加齢とともに衰えた肌に豊富な美容成分を補うために最適なアイテムです。

基礎アイテムにプラスして使う美容液は保湿成分や美白成分が凝縮して配合しているので、目指す肌・悩みに特化したものを選びましょう。

あなたの望む肌が実感できるように予防・改善を目的にスペシャルケアとして美容液を取り入れてみましょう。

美容液の効果

美容液の成分や効果はその商品ごとに違いますが多くは以下の肌悩みに効果的です。

  • 美白
  • 保湿効果
  • エイジングケア
  • シミ
  • シワ
  • 乾燥
  • 抗酸化・抗炎症

 

1つに特化しているもの、多機能なものはさまざまな成分を凝縮して配合しています。

共通の効果はそれらの成分が少量で肌をカバーできる伸びと肌への浸透が良いこと。

肌全体、気になる部分に重ね塗りなど使い方もあなたの肌に合わせて悩みを解決できるのが美容液です。

 

\\潤いながら美白のできるオールインワン//

メルシアラムール
公式サイトはこちらから

↑↑使うほどお得最大63%OFF↑↑

 

メルシアラムールの効果が出る使い方は?

メルシアラムールはオールインワン美容液効果とブースター効果があるという話をしてきました。

ここでは、実際の効果の出る2つの使い方についてお伝えしていきますね。

ブースターとして効果的な使い方

ブースターとして使う時は洗顔後すぐ一円玉ほどのメルシアラムールを肌へハンドプレスでやさしく馴染ませると浸透力がUPします。

初めてメルシアラムールを使うあなたは500円大の多めにすると変化が実感しやすいですよ。

さらに、気になる目元や口元は重ねづけするとより効果的。

その後にいつものようにスキンケアをしていくと、しっかり浸透していることを感じられますよ。

これがブースター効果です。

オールインワン美容液として効果的に使う

メルシアラムールはオールインワン美容液なので、コレ1本でスキンケアが完了します。

オールインワン美容液として使う時も一円玉ほどを手のひらにとり、洗顔後の肌にやさしく馴染ませていきます。

こちらも初めてのあなたは500円玉ほどの量が変化を感じやすいでしょう。

もちろん気になる重ねづけがおすすめです。

オールインワン美容液として使う方法は時短エイジングケア効果で忙しいあなたいピッタリです。

メルシアラムールはオールインワン美容液ですが、その後いつもの基礎アイテムで肌を整えると相乗効果が感じられますよ。

もちろん首やデコルテにも使用できるので年齢の気になる部分にしっかり馴染ませていきましょう。

 


 

メルシアラムールQ&A

 

Q.使ってみたいのですが、今までのブランドのライン使いを変える勇気がありません。どのように取り入れると良いでしょうか。

A.土台に真っすぐ届くように洗顔後最初にメルシアラムールをお使いください。その後普段お使いのスキンケアをお使いください。その後調子に応じて加減していくことをオススメします。多くのお客様がメルシアラムール一本の潤いに満足されるようになっていきます。

 

Q.乾燥肌なので一本で使うと乾燥しそうですが。。。

A.メルシアラムールは導入美容液(ブースター)・オールインワン美容液の二通りの使い方ができます。乾燥が心配な方はまず導入美容液として普段ご使用の化粧水の前にご使用ください。その後調子をみてアイテム数を加減してみてください。多くのお客様がメルシアラムール一本の潤いに満足されるようになっていきます。

 

 

\年齢に負けない元気な肌へ/

メルシアラムール
公式サイトはこちらから

↑初回だけの限定62%OFF↑

メルシアラムール効果を最大限に引き出す使い方は?2つの方法を解説まとめ

 

メルシアラムールはオールインワン美容液とブースターの2つの使い方とその効果についてご紹介してきたので内容をまとめます。

メルシアラムールは2つの使い方ができるオールインワン美容液です。

  • 忙しいけれどエイジングケアをしたいあなたにはオールインワン美容液として
  • これまでのスキンケアでは物足りないあなたにはブースターとして

スキンケアにブースターをプラスするとこんな効果があるんです。

  • いつもの基礎アイテムの有効成分をより浸透させるための道を作ってくれる
  • 古い角質で硬くなった肌が柔らかくなる

さらに肌の年齢サインであるシミやシワ、ハリがない、潤いが足りないときはピンポイントでスペシャルケアに美容液として使うのがおすすめです。

エイジングケアはアイテムが多くて面倒ね。。。と思うあなたは肌の奥まで有効成分を届けてくれるオールインワン美容液での時短ケアはどうですか?

翌朝の肌に触れるのが楽しみになりますよ。

 

\コレ1本で潤いに差がつく/

メルシアラムール
公式サイトはこちらから

↑初回だけの限定62%OFF↑